プロポーズのためのお店選び

彼女にYES!

プロポーズ店選びの虎乃巻

プロポーズで彼女の心をつかむには、贈り物や言葉だけでなく「プロポーズをする場所」も重要!ここでは、彼女からYESの返事が貰える、プロポーズをするお店選びのポイントを紹介していきます。

彼女を喜ばすたった二つのキーワード!
「二人だけの空間」と「特別」

プロポーズは彼女にとって、将来を決める大切な話。可能な限り、他の人が介入しない、二人だけの空間を作ることが大切です。大勢の人の前で派手にプロポーズされてしまうと「断りにくくしている」「注目を浴びて恥ずかしい」など、抵抗を感じてしまいます。それに加えて、特別感はとても重要。過度な演出に頼るのではなく、あくまで一生の思い出に残るような、普段とは違う一日にすることを考えましょう!
「二人だけの空間」の重要性
恋人からのプロポーズは、女性にとって一生に一度の特別なもの。誰にも邪魔されることなく受けたいと思うのは、当然ですよね。しかし、お店には他のお客さんが当然いるもの。ガヤガヤと騒々しい場所で大切な話をしても、真剣さに欠けてしまいますよね。そのためにも、全体の雰囲気が落ち着いていて、誰にも邪魔されることなく二人の空間を演出できるお店を選ぶことが、何よりも大切です。個室であればなおgood。彼女に嫌な思いをさせないことはもちろん、プロポーズする側としても真剣な気持ちを伝えるためには、二人だけの空間づくりは必要不可欠ですよ!
特別の重要性

ある婚約指輪ショップの調査によれば、恋人からのプロポーズで不満を感じたことの第一位は「特別さを感じなかった」こと。一生に一度のプロポーズは、普段とは違う特別感を演出してもらいたいということが、よく分かりますね。彼女に「自分のことを真剣に考えてくれた!」と思わせるためには、以下のようなサプライズプロポーズもおすすめです。

  • チャペルを貸し切る
  • ヘリコプターで周遊する
  • レストランで最後に出されるデザートのお皿に「will you marry me?」の文字

方法はさまざまありますが、わざわざ時間やお金をかけて準備するところに、ぐっと来てしまう女性は多いようですよ。普段にはない、特別感あふれるプロポーズは、きっと二人にとっても一生の思い出になりますよ!

「二人だけの空間」を選べ!
プロポーズに最適な店選び

実際にプロポーズで成功した男性が選んだお店として、以下のものが多く挙げられます。
夜景が見えるレストラン
高層階にあるレストランや、海上で食事を楽しむ船上レストランは、夜景がきれいに見えるという大きなメリットがあります。生演奏やクルージングなどのサービスも受けられて、ムード作りにはばっちりです!
個室のあるレストラン
彼女に真剣な思いを伝えたいなら、二人きりの空間が確保できる、個室を備えたレストランがおすすめ。照れ屋な彼女も、個室であれば他人の目を気にすることなく、素直にプロポーズの言葉を受けてくれるでしょう。特に、和食レストランや料亭はしっかりと仕切ってあるので安心ですよ!
自然と触れ合えるレストラン
自然の力は偉大なもので、どんな女性でも気分が和みます。沈みゆく夕日を見れば、きっと普段クールな彼女もうっとりしてしまうでしょう。ムードを重視したプロポーズがしたいなら、海沿いのレストランなど、自然と触れ合える場所を選びましょう。ただし、外でプロポーズをする場合は、防寒対策や天気のチェックを怠らないようにしましょうね。

「特別」を感じさせろ!
彼女の心に残るプロポーズの小技テクニック

プロポーズを「特別な思い出」として、彼女の心に刻み込むには、なにも凝った演出をする必要はありません。記念日のデートと見せかけてサプライズプロポーズをしたり、これまでの思い出の写真を見ながら「これからもずっとこうして一緒にいたい」と言えば、どんな派手な演出よりも、きっと心に響きます。ちょっとした工夫で彼女を感激させてしまいましょう。
「記念日デート」と思わせておいて、実はプロポーズでした!
誕生日やクリスマスなどの記念日デートだと思わせておいて「実はプロポーズでした!」という展開は、最初から「プロポーズだよ」と言ってしまうよりも、サプライズを演出しやすいですし、感動も深くなります。レストランでの食事や旅行、ドライブなどの途中でタイミングを図って婚約指輪を取り出し、びっくりさせてしまいましょう。
写真アルバムや動画などを用意し、会話の流れでプロポーズ
自然な流れでプロポーズしたいのであれば、自宅でまったりとしている時に、二人で撮った写真や動画などを見つつ「これからもずっと一緒にいたいな」とさり気なく口にする方法もおすすめです。二人きりなので甘いムードも作りやすく、変に気構えることなく、ほのぼのとしたプロポーズをすることができます。

プロポーズをする上で「彼女を喜ばせたい」という気持ちは分かりますが、大勢の人前でプロポーズをしたり、高額な費用をかけたりする必要はありません。また、イベント事のように友人たちを集めて…というのも「自分より先に周りが彼の決意を知っていたのは悲しい」と傷つけてしまう結果に。女性が求める「特別感」はフラッシュモブのような、サプライズプロポーズでは決してありません。ここまでに記したように、日常において特別感を感じさせる、ちょっとした工夫こそが、プロポーズにおいて重要なのです。